マイクロニードルで失敗したくない!後悔しない使い方と注意点の解説!

高価なマイクロニードル・・後悔しない使い方とは?

 

ヒアルロン酸の針がたくさん並んだシートを一晩貼り付けるだけで肌にハリが実感できる驚きの化粧品『マイクロニードル』

 

 

しかも長い時にはその効果は5日ほども続き、日によっては化粧する手間も省けてしまう有難い商品ですが、中には『高いのに全く効果がなかった・・・』という悲しい口コミもあるようですね。

 

 

1回の使用で1,000円から2,000円ほどかかってしまうヒアルロン酸マイクロニードルなので、失敗して効果が実感できないと全て意味がありません。

 

 

今回はそのようなことが無いように、まだマイクロニードルを使ったことが無い人のための『後悔しない使い方』を紹介してみようと思います。

 

 

ぜひ購入前の参考にしてみてくださいね。

 

マイクロニードルの使い方の基本手順

 

マイクロニードルは以下のような手順で肌に貼り付けます。

  • 使用前に肌を保湿する(お風呂後や化粧水)
  • シートからシールを剥がす
  • ほうれい線・目元など適切な場所にマイクロニードルを貼る
  • 上から指で軽く押さえつける(2・3回)
  • 5時間ほど経過したらゆっくりと剥がす

 

これだけを見ると『ただ保湿した肌に貼り付けるだけ』というように見えるかもしれませんが、細かく解説すると注意する点も意外と多いです。

 

マイクロニードルには肌の『保湿』が重要

 

マイクロニードルを貼り付ける前には、『保湿』してください!とほとんどの説明書に書かれています。

 

 

これは肌にマイクロニードルを刺した際に、ニードルが溶け出しやすくなり浸透速度が上がるためで、乾燥した肌にマイクロニードルを使用すると、朝になった時に針が溶けずに残ってしまっている場合があるからです。

 

 

商品によっては、乾燥した肌に貼り付けてもある程度の効果が期待できるように保湿成分を多く含んだ配合にしているマイクロニードルもありますが、それでも保湿してから使用する意識は大切です。

 

 

お風呂上がり直後の肌に貼り付けても問題ありませんが、少し寝るまでに時間が経ってしまった場合には化粧水を使って5分ほど待ち、肌に馴染んだ時に使用するとタイミングが良いですよ。

 

シートから剥がす際に針には触れない

 

マイクロニードルの針の部分はザラザラしています。

 

 

基本的に0.2ミリから0.5ミリほどのハリが1,000本近く並んでいることが多いので、当然ですが興味本位で触れないようにしましょう。

 

 

こちらも当然ですが、針が折れたしまったらその部分はもう肌の内部には浸透させることができません。

 

 

濡れた手で触ってしまうのもニードルの先端がその場で溶けてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

適切な場所に貼り付ける

 

マイクロニードルは基本的には『シワ』に対して上から覆い被せるようにして貼り付けますが、顔のどこでもOKという訳ではありません。

 

 

マイクロニードルを貼る際に適切な場所とされているのは、特殊な用途のもので無い限り『目の下』『目尻』『ほうれい線』の3種類の部分になります。

 



 

目の下に貼る場合には、目の際から3ミリ程度離して使用するようにしましょう。

 

 

また、『たるみ』や『クマ』などへの効果を期待して使用する方もいらっしゃいますが、『たるみ』の場合ですと膨らんだ部分に直接貼り付けてしまうと、たるみを更に大きくしてしまう危険がありますので、たるみの下の凹み部分を意識して使用してみましょう。

 

 

クマへの対策は、色素沈着や血行不良などによる『茶クマ』や『青クマ』には効果が薄く、影によって生じる『黒くま』に対してのみ効果が期待できるので、クマの種類を意識して使用するように心がけてください。

 

貼った後にしっかりと押さえつけて『チクっ』とした感触を感じる

 

マイクロニードルは針なのでしっかりと刺さらなければ効果は期待できません。

 

 

ですのでシートを肌の表面に貼り付けたらしっかりと上から押さえつけましょう。

 

 

2、3回押さえつけるとチクッとしした感触を感じますが、本物の注射のように痛いと感じることはほとんどありませんので安心してください。

 

 

これが成分が肌内部に侵入したサインになります。

 

 

貼って1時間以内に多少の赤みが発生する場合がありますが、この症状は特別なものではなく、長くても1時間以内には治るので心配する必要はありません。

 

一度貼ったら貼り直さない

 

マイクロニードルは一度針が刺さってそれを剥がそうとすると、その時点で針が折れてしまい再度貼ってもヒアルロン酸が内部に浸透しない状態で貼り付けることになってしまいます。

 

 

少し場所がズレたからといって、一度貼ったら絶対に貼り直さないようにしてください。

 

 

ちなみにマイクロニードルの成分が浸透する範囲は、大まかにはシートそのものの大きさと同じくらいには広がるとされているので、そこまで神経質になって貼る必要はありません。

 

 

とにかく一度貼ったら剥がさないことが重要です。

 

貼り付け時間は睡眠時間と同じくらい

 

マイクロニードルを貼り付ける時間は商品によって差はありますが、大体3時間から5時間程度です。

 

 

一般的な使用タイミングが“夜寝る前”であることを考えると、多くの人は問題なく貼り付けていられると思います。

 

 

ただ、寝る時には貼り付けたくない!という人や、寝てる間に剥がれてしまう・・・という人は短時間で浸透するマイクロニードルを朝起きてすぐに使用したり、仰向けで寝るように工夫も必要かもしれません・・・。

 

最速30分で浸透するマイクロニードル「マイクロアイパッチ」

 


マイクロアイパッチの詳しい解説はこちら

 

最後に・・・

 

マイクロニードルの基本的な使用方法は以上になります。

 

 

今回紹介した使用方法通りに貼り付ければ、基本的に何も効果が実感できないというリスクは最小限にできると思います。

 

 

1回1回に重みのある効果が期待できるマイクロニードルですから、是非めんどくさがらずに生活に取り入れてみてくださいね^^

 

おススメ記事

マイクロニードル比較!おススメランキングはこちら