【マイクロニードル】コスパ重視の韓国産ニードル『マイクロアイパッチ』解説

とにかく『量』で攻めたい人向けのマイクロニードル『マイクロアイパッチ』

 

色々なマイクロニードルについて比較して調べてみると、どれにも共通している点というのも徐々に見えてきて、その中の1つに『内容量の少なさ』が挙げられます。

 

 

多くても1週間に2回使用が限界ですし、ほとんどの商品が1週間に1回の使用で1ヶ月分を1万円前後の値段で販売しているというのが現状です。

 

 

それに対して、韓国産マイクロニードルの『マイクロアイパッチ』は、それらのマイクロニードルの2倍のシートが入っているので、同じ値段でも複数回に分けて使用できるマイクロニードルです。

 


販売元 株式会社サイネット
製造元 JUNMOK INTERNATIONAL
価格(10パック分) 5,980円
針の長さ 0.25ミリ
針の本数(1シートあたり) 800本
内容量 最大10セット
成分 ヒアルロン酸Na、セルロースガム、乳糖、グリセリン、プロパンジオール、カプリリルグリコール、エチルヘキシルグリセリン、アセチルヘキサペプチド−8、マデカッソシド
公式ページ 楽天販売ページはこちら

 

今回は、この『マイクロアイパッチ』について調べてみた内容を紹介いたします。

 

最大の特徴はコストパフォーマンス

 

まず一際目を引く特徴が値段の安さです。

 

 

楽天市場での価格を見てみると、5回分の値段が4,120円で販売されており、1回分が824円です。

 

 

一般的なマイクロニードルの1回分が2,000円前後であることを考えると、ほぼ半額の値段なので、非常にコスパが良いです。

 

値段の安さの秘密は?

 

どうしても気になったので、ここまで安くで販売している理由を販売元の『株式会社サンネット』に問い合わせてみることにしました。

マイクロアイパッチはなぜ他のマイクロニードルの半額くらいの値段で販売しているのでしょうか?

弊社の商品は韓国から仕入れていますが、マイクロニードルを含めて様々な商品を“利益を最小限にする“ことで、お安く提供できるように設定しております。
安いあまりに『しっかりしたマイクロニードルではないんじゃないの?』という疑問を抱かれるお客様もいらっしゃいますが、決してそのようなことはございませんのでご安心くださいませ。

 

国内産のマイクロニードルではないというのも原因かもしれませんが、とにかく利益を少なく抑えてより多く購入してもらおうということなのかもしれません。

 

 

ともあれマイクロニードル化粧品は現在どこも品薄状態が続いていますし、半額の値段で同じ量が手に入るなら、『マイクロニードルによるヒアルロン酸注入を気軽に試してみたい!』という人には向いている商品かもしれないですね。

 

倒れにくいピラミッド構造のマイクロニードル

 

マイクロアイパッチに使用されているニードルは1シートあたりに800本ですが、それぞれのニードルがピラミッド型の構造をしており、『倒れにくい構造』になっているという解説がなされていました。

 

 

ニードルの長さは0.25ミリです。

 

 

人気度の高いその他のマイクロニードルが0.2ミリであることを考えると、少しだけ長めの構造になっていますね。

 

脅威の浸透スピード!最速の30分!

 

マイクロニードルを肌に貼り付けてから剥がすまでの一般的な時間は、最低でも3時間以上で、5時間程度貼り付けると確実に針が溶けて内部に浸透するようにできている商品が多いです。

 

 

しかし、マイクロアイパッチはそのような常識を一気に覆したった30分でヒアルロン酸ニードルが溶けて浸透するように作られています。

 

 

ですので朝起きて出勤や外出の30分で前に貼り付けるだけで目元のハリを引き出すことができるので、とっさのシワ対策として使用するにはオススメです。

 

韓国製造の輸入品

 

マイクロアイパッチは、韓国産のマイクロニードルで販売は日本の会社である『株式会社サイネット』という会社が行なっています。

 

 

会社ホームページは日本語でしたが、代表者が韓国人のようなので製造国は韓国になります。

 

 

サイネットの公式ページを見ると、事業内容の説明には主に韓国産化粧品の輸入・販売・企画・製造を行なっている旨の内容が書かれていたので、韓国の製造工場で作った商品を日本国内に輸入し販売する会社のようですね。

 

 

更によく調べてみると、同じ種類のマイクロニードルで韓国産のロイヤルスキンマイクロパッチという商品が存在しており、この商品のパッケージ変更版だと考えられます。

 


 

韓国国内ではメディアで取り上げられるほどの商品のようで、Youtubeにその時の動画が残っていましたので紹介しておきます。

 

 

美容大国韓国のマイクロニードルを使ってみたい!と探している人なら選択の1つとして使用を検討してみてもいいと思いますよ^^

 

実際に購入した人の口コミを探した

 

購入した人の口コミを記載すると以下のような感想を持たれていました。

 

50代
基本的に週に1回、たまに2日連続で使ったりしています。
目に見えた効果が私は大きく、ほうれい線や目元のシワに貼った翌日にはハリがあるのが実感できます。
全体的に使用前より薄くなっているようなのでリピートは絶対すると思います。

50代
一晩つけた効果としては、たしかに肌にハリが出ている感じはします。
ただ私の場合は剥がした後にシートの跡が残ってしまい、化粧をするまでに時間が必要でした。
朝起きてからシートはすぐに剥がした方がいいですね。

60代
10回セットで入っているマイクロニードルはこの商品くらいしかないので重宝しています。
目の下のたるみに悩んできましたが少し解消されて若い気分になれました!
今後も絶対に使い続けますね。

40代
目の下がくぼんで来たのでハリが欲しくて購入してみました。
ニードルということだったのですが、貼ってみても痛さは特にありませんでした。
翌朝に剥がしてみると目元のふっくらとハリが出ていていい感じです。
余裕がある方はほうれい線や目尻に同時に使うと大きな変化が実感できる気がしますね。

40代
同窓会があるので購入してみました。
目の下に貼って翌朝になるとふっくらしていて目の下の影が薄くなった印象です。
3日連続で使用するとほうれい線や目尻も少しはマシになりましたね。
今回が初めてではなくリピート購入ですが、できれば顔全体に貼りたいです!
値段がさらに安くなるといいのにな・・・。

 

メリットとして挙げられている多くの点は、やはり量の多さですね。

 

 

マイクロアイパッチは1回分、2回分、5回分、10回分、とそれぞれのお好みの回数分に合わせて購入することができ、最も多い10回分でも、6,000円くらいの値段で買えちゃいます。

 

楽天での検索結果

 

他のマイクロニードルを購入したことがある人は分かると思うのですが、このコストパフォーマンスはかなり魅力的です。

 

 

また、量が多いので1回で効果が実感できなかったとしても、次の日にまた使えばいいか・・・という判断をすることができ、値段が高いマイクロニードルだとそのような選択はできませんよね。

 

販売しているお店は?

 

マイクロアイパッチを販売している店舗は大手ショッピングサイトであるAmazon、楽天、yahooショッピングですが、入っているニードルの枚数でそれそれの値段に開きがあることが分かりました。

 

 

分かりやすいように表にまとめてみるとこのようになります。

 

楽天 1回分972円・2回分1,680円・5回分4,120円・10回分5,980円
Amazon 1回分864円・3回分2,980円
Yahooショッピング 1回分864円・2回分1680円・10回分5,980円

 

マイクロアイパッチの楽天販売ページはこちら

 

それぞれの枚数に合わせて最も安くで購入できるページで買ってもいいですが、それぞれの商品で発送する店舗が違う場合もあるので、その点は販売元の口コミなどを確認して購入するのが良いでしょう。

 

最後に・・・

 

マイクロニードルについて様々なデータを集めてきましたが、マイクロアイパッチほど安くで手に入るマイクロニードルはありませんでした。

 

 

ニードルの長さや成分に関して特徴的なメリットはありませんが、とりあえず気軽に試してみようかな・・・という人は試してみてもいいかもしれませんね。

 

おススメ記事

マイクロニードル比較!おススメランキング