マイクロニードルパッチ!最新ランキング3選!効果・口コミ・製造元全て調査!

マイクロニードル・・・どれを選べばいいかわからない!そんなあなたに!

 

マイクロニードル化粧品は、2018年に入ってからテレビや雑誌で取り上げられる事が多くなり、一気に人気が上昇した新時代スキンケアアイテムです。

 

 

肌に貼って一晩寝るだけで、早い人は『シワが薄くなった!』『たるみが無くなった!』『ほうれい線が消えてる!』などの即効性のある効果が話題を呼んで、一気に知名度が上がりました。

 

 

しかし、マイクロニードルはシートの上に1000本近いヒアルロン酸ニードルが敷き詰められており、それを肌に貼る(肌に刺す)という使用方法のためか、どのマイクロニードルがいいのか考えてしまう人も多いと思います。

 

 

今回は2019年現在、販売されているマイクロニードルを細かく調査し、商品の品質から販売元の信頼性まで、細かく紹介したランキングを作ってみました♪

 

 

『しわ』『たるみ』に悩んでおり、マイクロニードルを使ってみたいと思っていた方は参考にされてみてくださいね^^

 

 

マイクロニードル独自調査!総合ランキングトップ3

 

2019年現在、調査した結果としてのマイクロニードルおススメランキングは以下のようになっております。

 

その理由と、以下マイクロニードルの選び方や使い方なども是非一緒にご覧くださいませ。

 


ダーマフィラー


ヒアロディープパッチ


イーチケアシート

値段(1ヶ月分初回) 9,752円 3980円(お試し定期コース) 1980円
内容量(1ヶ月分) 8セット 4セット 4セット
ニードルの本数(1シート) 750本 750本 記載なし
ニードルの長さ 0.2ミリ 0.2ミリ 0.34ミリ
成分の種類 5種類 17種類 16種類

 

1位『ダーマフィラー』の簡単解説

 

日本で初めてヒアルロン酸マイクロニードルを販売した『コスメディ製薬』のマイクロニードルです。

 

 

全国13都道府県に販売店舗がある他、実際に5つ星ホテルでのエステで使用されるほど信頼性の高い実績を持っています。

 

 

1000円でお試し使用ができる購入ページがある他、定期購入に回数縛りも無く、返金保証付き。

 

 

何より、製薬会社が自社工場で開発しているワクチンパッチや投薬シートと同じレベルの品質管理の元製造されているので、安全性への期待は大きく、実際に使用者からの評価も高いマイクロニードルです。

 

2位 『ヒアロディープパッチ』の簡単解説

 

ヒアルロン酸マイクロニードルを選ぶ時に、多くの人は『ダーマフィラー』か『ヒアロディープパッチ』で迷う事が多いようですね。

 

 

ヒアロディープパッチは最も購入者が多いマイクロニードルで、口コミ件数もダーマフィラーに大きく差を付けています。

 

 

評判も非常に高く、品質はダーマフィラーと同程度と言えるでしょう。

 

 

ヒアロディープパッチは17種類の美容成分が配合されており、この数はダーマフィラーよりも10種類以上多い数です。

 

 

定期購入に回数制限の縛りは無く、返金保証もしっかり付いています。

 

 

解約も電話でする必要すらなく、購入後に使えるマイページから2タッチで解約できてしまいます。

 

3位『イーチケアシート』の簡単解説


 

初回1ヶ月分の値段が『1,980円』と非常に安くで手に入るマイクロニードルです。

 

 

初回77%OFFで購入できるのはかなりメリットが大きいですが、3ヶ月分の縛り期間があるので、即座に解約することはできません。

 

 

しかし爆発的な人気と、在庫の不足に多くの人が悩んでいる現状の中では、3ヶ月程度の縛りよりは『しっかりと3ヶ月手に入る』というメリットの方が大きく、購入人数と知名度が大きくなってきています。

 

 

成分の種類も18種類と多く、あらゆる角度からの美容効果が期待できます。

 

 

製造は韓国のメーカーである『株式会社RAPHAS』の所有する工場で行われているので、韓国の美容ノウハウの詰まったマイクロニードルを探している方にはおススメの商品になっています。

 

マイクロニードルを選ぶべきポイント!偽物や類似品に注意!

 

ヒアルロン酸マイクロニードルは、現在爆発的な人気のため数多くの商品が販売されていますが、一番気を付けていてだきたいのが『類似品』の存在です。

 

 

例えば、先ほど1位の商品として紹介させていただいた『ダーマフィラー』というマイクロニードルがありましたよね。

 

 

この商品をそのまんま中身は一緒で、パッケージだけ変えて販売している?ような商品がチラホラ存在しており、普通にインターネット上で販売されています。

 

 

しかもそれだけで無く、Amazonでも類似品が出回っているようで、微妙にパッケージが異なる商品があったりするので他人事ではありません・・・。

 


アマゾンの口コミ参照

 

マイクロニードルを購入する際には、きちんとした正規品が購入できる公式ページで申し込むことはもちろんですが、販売している会社の情報がはっきり出ているものを選びましょう。

 

お勧めは『ダーマフィラー』か『ヒアロディープパッチ』

 

『マイクロニードルのオススメ』とかランキングで調べた時、ほとんどのサイトは1位がヒアロディープパッチで2位がダーマフィラです。

 

 

私が『ダーマフィラー』を1位としてご紹介させていただいたのは、ダーマフィラーが日本で初めて市場に出たマイクロニードルだという点と、会社が歴史ある製薬会社であり、透明性が高いことを考慮して選びました。

 

 

もちろん、ヒアロディープパッチも評価の高いマイクロニードルですし、安心して使用いただけると思っています。

 

 

しかし一番の根拠は、ヒアロディープパッチの販売元である『北の達人コーポレーション』は、製造を他の会社に委託しており、その会社はダーマフィラーの製造元『コスメディ製薬』だということです。

 

 

実際に購入した数多くの方達の口コミはどちらも非常に評価が高いので、私はこの2つのマイクロニードルを2019年現在、胸を張ってオススメ致します。

 

マイクロニードルの基本的な使い方

 

マイクロニードルは基本的に寝る前の保湿した肌に使用します。

 

 

お風呂上がりや洗顔後の保湿した肌に使用することでマイクロニードルが肌の内部で溶けるスピードが上がり浸透しやすくなる効果が期待できるからです。

 

 

お風呂上がりや洗顔から時間が経ってしまった場合には、化粧水などを肌に馴染ませ、5分程度時間を置いてから使用するようにしましょう。

 

 

乾燥した肌にマイクロニードルを使用すると、翌朝シートに溶けきれなかったマイクロニードルが残ってしまっている場合があり、そうなると肌の内部にヒアルロン酸が届かないので、必ず『保湿』は意識して使用することをお勧めいたします。

 

貼り付ける部分は顔のどこ?

 

マイクロニードルを貼り付ける部分は、基本的には目元か口元の『シワ』か『たるみ』の部分になります。

 



 

目元なら目尻や目の下、口元ならほうれい線が最もマイクロニードルが効果を発揮しやすい部分になります。

 

 

目の下の『たるみ』に使用する際には、たるみ自体にヒアルロン酸を注入するとたるみがハリを持ってしまうため、たるみの下のシワ部分に使用することでたるみが無くなったかのような印象にすることができるのでお勧めです。

 

貼り付ける時の注意点

 

マイクロニードルを貼り付けるときは、当たり前ですがニードルには触れないようにしましょう。

 

 

ニードルが折れてしまうリスクがあることはもちろんですが、ニードルに異物が付着しないようにするためです。

 

 

貼り付けた後は、軽く指で抑えるようにして『チクっ』とした感触を得られればOKです。

 

 

『痛そう・・・』と思われるかもしれませんが、マイクロニードルの基本的な長さである0.2ミリは痛みを感じる神経まで到達できないことが多いのでほとんど痛みはありませんので安心してください。

 

 

そして一度貼り付けたマイクロニードルは、場所が違ったな・・・と思っても貼り直さないようにしてください。

 

 

ニードルが折れてしまうと、貼り直した時にはもう刺さらなくなってしまいます。

 

成分が浸透する範囲は?

 

一度貼ったら、貼り直しができないマイクロニードルなので、貼るのに慎重になり過ぎてしまう人がいらっしゃいますが、シートの範囲内にシワが重なるように貼れば基本的には問題ありません。

 

 

多くのマイクロニードルのヒアルロン酸は、溶け出して浸透することで肌の内部で広がっていきますので、シート範囲程度の広さまでなら浸透させることができます。

 

 

効果出るまで何時間?

 

マイクロニードルを寝る前に使用するのは、ヒアルロン酸ニードルが溶け出して角質層の内部に浸透するまで5、6時間程度を要するとされているからです。

 

 

起きている時に使用しても問題はありませんが、それだと付けている時間が長く感じてしまいストレスになりますし、外出できなくなってしまうのでお勧めはしませんね。

 

効果が持続する期間はどのくらい?

 

効果の持続性に関しては、はっきり書かせていただきますがブラックボックスな部分になっており、どのマイクロニードルの商品ページを見ても書かれていません。

 

 

しかし購入する側としては、このポイントを見過ごすことはできませんよね。

 

 

ですので実際に販売元に電話で問い合わせしてみることにしました。

 

 

今回調査したのは『ヒアロディープパッチ』の北の快適工房と『ダーマフィラー』のコスメディ製薬です。

 

 

それぞれの会社に商品の持続性について質問すると以下のように回答をいただきました。

 


『ヒアロディープパッチの持続性に関しては個人差がございます。
早い人ですと翌日に実感していただく方もいらっしゃいますが、一概に申し上げることはできません。ご了承ください。』


『ダーマフィラーは個人差はございますが、一般的に3日から5日程度は効果が持続いたします。
その期間が過ぎますと、ヒアルロン酸が体内に吸収されてしまいますので、次のダーマフィラーをご使用いただきますようお願いいたします。』

 

それぞれのカスタマーセンターの女性はどちらお印象はよく、親切に対応していただきました。

 

 

若干、北の快適工房の方が忙しいのか室内が騒がしい印象がありましたね。

 

 

ヒアロディープパッチは2、3ヶ月待ちの商品になっているようなので、その点は仕方がないかもしれません。

 

 

問題の効果の持続性ですが、北の快適工房ははっきりとした期間を伝えてもらうことはできませんでしたが、コスメディ製薬は自信ありげに3日から5日程度、と答えてもらうことができました。

 

 

さすがは世界初のヒアルロン酸マイクロニードルを開発しただけのことはあり、徹底的に研究され尽くされた感がありました。

 

 

この後に知ったのですが、コスメディ製薬は薬品の皮膚への浸透試験を行う業務も並行して行なっており、他の企業からの委託もされるほど信頼性のある技術を持っていることが分かりました。

 

 

ですので持続性に関しても客観性の高いデータだと思います。

 

マイクロニードルによる肌への副作用・有害性は?

 

マイクロニードルは肌に貼り付ける上、大量の針を刺すわけですから、『使用後の肌に何か影響があるのでは?』と思う人も多いと思います。

 

 

しかし、その点に関しては安心していいと断言できます。

 

 

マイクロニードルのメインとなっている成分は『ヒアルロン酸』ですが、この成分は元々肌の内部にある成分で、肌にハリを持たせる役割を持っている成分です。

 

 

時間が経つにつれて吸収されてしまう上に副作用もなく問題は報告されていません。

 

 

マイクロニードルの針に関しては、貼ってから10分程度赤みが出るとの報告がありますが、この赤みも時間が経つと消え翌朝には一切跡が残ることもなく、肌のハリだけを実感できるので安心してくださいね^^

 

 

もっとも、ヒアルロン酸以外の成分もマイクロニードル毎に異なっており、どのような副作用があるかは人それぞれなので、ヒアルロン酸以外の成分に関しては警戒する必要も0ではありません。

 

 

しかし基本的ににマイクロニードルに使用されている成分は『保湿』を促す成分や、『炎症』を抑えたり、コラーゲンの生成を促したりと、肌にメリットしかない成分が慎重に選ばれて配合されているのでほとんど心配はありません。

 

 

万が一刺激が強い成分を使用して大多数の購入者に問題が発生したら、会社は全品回収の自体は免れませんし裁判沙汰にもなります。

 

 

会社は安全性に関しては徹底した管理を行う必要があるのです。

 

マイクロニードルお勧めランキングと解説まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

 

マイクロニードルは一般的な美容整形で行われるヒアルロン酸注射を自宅で自分一人で簡単に行うことができるだけでなく、一晩で目に見える効果が期待できるのでとても人気があります。

 

 

体や肌への害がほとんどない商品が多いなどメリットも多いですが、やはりまだまだ一般のドラッグストアなどで販売されるような大量販売までは実現できないというのが現状です。

 

 

また、一般的な感覚で手頃に買える値段でもないというのも正直なところです。

 

 

通信販売をメインに申し込んで届けてもらうスタイルが基本の買い方ですが、そうなると購入先を慎重に選ばなければどんな粗悪品を買わされれるか分かりません。

 

 

今回のランキングでは、私が販売会社などにしっかりと連絡をとり事実確認などを行った詳細な内容をお届けできたと思っています。

 

 

まだまだ様々なマイクロニードルが販売されていくとは思いますが、今後も細かく更新していきますのでお楽しみに♪